すっかり浦島太郎になってしまった伏見憲明(53才)が、いまどきのLGBTについて学び直すコーナー「おしえてLGBT!!」。最初のゲストは、若い世代に大人気の「やる気あり美」のリーダー、太田尚樹さん(28才)。はてさて、謎のLGBTグループ「やる気あり美」とは? 新世代感覚で様々なコンテンツを世に問う太田尚樹さんの魅力とは?

 

太田尚樹「在日は笑われないけど、ゲイは笑われる」

 十代の恋は尊い

cvnstxpvaaatew1
伏見
:今度、お店でウェブマガジンを立ち上げるんですけど、その中に「おしえてLGBT!」というコーナーを企画しました。伏見のような時代遅れのホモからすると、LGBT時代のことはもうわからないので、いろんなひとたちに教えてもらおう、と。それでトップバッターで、ゲストに太田尚樹さんを迎えて、いまどきの若いLGBTについてご教授いただきます。

太田:いやいやいや。

伏見:それで、あの…、太田さんのやっているグループですが、「やる気あり美」さんって言うんですかあ?

客席:(笑い)

伏見:「やる気あり美」って…なに? と多くが感じることだと思うのですが、いったいどんなやる気の集まりなんですか?

太田:説明としては、「LGBTをテーマに、アート、エンタメ・コンテンツを作るクリエイティブチーム」です。

伏見:あぁ、そうなんですか。いや、HPを見て、そこにアップされているメンバーの集合写真からすると、イケメン・ゲイに対する反撥とかあるのかなとか…老眼なんであんまりよく見えないんですけどね(笑い)。

太田:そういうわけではないです!(笑い) だけど、潜在的には負け根性みたいなのがあるのかもしれないです。いや、わかんないですけど。

伏見:それじゃあ、まあ、クリエイティブなところで輝こうっていう。

太田:輝こうっていうか、クリエイティブなことをやりたいなと思ってます。

伏見:どういうものを作っていらっしゃるんですか?

太田:ゲイが感じる「思わせぶりなノンケ男性の一言GIF劇場」というのを作ったり、最近は音楽の動画コンテンツも。

伏見:はいはい、見ました。『確信』ですね。すごく素敵な作品で、あれで救われる十代のLGBTは少なくないと思いました。どなたが作っていらっしゃるんですか?

太田:メンバーの井上涼がアニメーションを作って、歌っているのも井上です。だいたい井上なんですよ。

伏見:んじゃ、アンタは何やってんのよ!?

太田:(笑い)何にもやってないって言ってもいいくらいなんですけど。まぁ、歌詞を井上と一緒に作ったり、編集者的立場ですね。もともとは井上が、誰がゲイなのかを探すサスペンスもののアニメーションを作りたい、って言い出したんですが、でもせっかくならメッセージ性のあるものにしようとなった。

伏見:どういうメッセージを伝えたいと?

太田:LGBTであれ、なんであれ、十代の恋は尊いっていうことですね。

伏見:十代の恋は尊い、っていうメッセージはご自身の経験を重ね合わせて……?

太田:伏見さん、エグイこと聞きますね(笑い)

伏見:あのね、はっきり言って、ぼく、太田さんにいい感情持ってませんから!

太田:(笑い)持ってくださいよー。

伏見自分より若くて才能のある子はみんな嫌い!!

客席:(笑い)

伏見:それはともかく、『確信』はすごく反響があったみたいですね。

太田:今は、国内外っていう感じで、25万PVくらいは見てもらってる。もちろん、「ホモ死ね」みたいな反応もあるんですけど、でもほとんどはポジティブな反響です。ノンケの方からも、「LGBTとか関係なく恋っていいよね」って感想をもらえることが多かったです。

伏見:ゲイの発信する表現に、ほのぼの系って少ないじゃないですか? ゲイカルチャーって、お洒落なアートとか、キャムプなテイストのパロディとか、あと、真崎航センセイに代表される「すっげぇ、やっべぇ」みたいな(笑い)アレになってしまう。だから、そういうパターンじゃないところで出てきたなーと新鮮でした。

太田:ありがとうございます。

伏見:ぼく、最初にお目にかかったとき、太田さんの言葉にすごく感銘を覚えたんですね。「LGBTとアライって、アライがLGBTを支援するとか助けるだけじゃなくて、アライの人もLGBTと一緒に自由になる関係がいい」っていうようなことをおっしゃっていて、ほーっと感動した。

太田:感動はせんでいいので、僕にいい感情持ってください!(汗)

伏見:新しい感性を持った人が出て来たなあと嬉しかったのは、ほんと。 それで、今日もお招きして、改めてお話しを伺いたい、と。

 

イケてるひとになりたかった!

伏見:少し前、一橋大の大学院生が自殺された件がありましたが、どういう風に思いましたか? ぼくは、すごく痛ましい事件だと思うし、差別の構造の中にそれを位置づけることもできるし、それを運動として世に訴えていく戦略もありだと思うのだけど。ただ、個人的には共感しない。彼自身がどんな精神状況で亡くなったか知らないし、また、ほんとうのところそれがLGBTへの差別問題だったのかどうかもまだわからない。だけど、もし、LGBTっていうか同性愛に関して悩まれて、自死されたっていうことであれば、彼の人生を否定する気は毛頭ないけれども、ほかの若い人にはね、「そんなことで死ぬなよ」って言いたい。今、現時点で差別の痛みを感じている人にとっては抑圧的な言い方かもしれないけど、でも、生きていれば楽しいこともあるし、乗り越えられない差別じゃない、って。

太田:まず、彼に会ったことがない、っていうことがあります。もしかしたら精神疾患気味だったのかもしれないし、LGBTであることが直接的な原因だったのかどうかまでは誰にもわからない。っていうことを考えると、ある種、LGBTアクティビストたちがSNS上で、喜々として怒っているように見えたのが気持ち悪かった。

伏見:鋭いところをついてくるねー。まあ、昔から気持ち悪い業界なんですよ(笑い)。

太田『でもオマエ、本人に会ったことないじゃん、加害者とされているノンケの男の子にも会ったことないし、なんにもわかってないじゃん』って思った。

伏見:アデイのお客さんで最近、難病で若くして亡くなっていったゲイの子がいてね、ゲイであることをやっと楽しめるようになったところで病に倒れ、もっともっと生きたかった彼の無念を思うと、ともかく自ら命を断つのはよそうよ、って。

ところで、太田さんがそういう感想を言うのは意外な感じもあって、ほら、大学時代まで、ゲイであることに悩んで自殺したいと思っていた、って語っていたじゃないですか。

太田:だから、彼がなくなったこと自体には共感するところはあります。

伏見:その年頃の時にはやはりひどく悩まれたんですか?

太田:そうですね。気づいた時からずっと。

そもそも僕はイケてるひとにずっとなりたかったんですよ。それが思春期の頃、IKKOさんが全盛期で、テレビをつけたらIKKOしかいなくて、このひとと一緒だったら負けじゃん!って思った。だって、これじゃあ、笑われる側じゃん、イケてないじゃん!って。

伏見:太田さんの最初の印象って、お顔立ちが吉本っぽいこともあって(笑い)気のいい人なのかなって思ったんだけど、実は、そんなにいい人でもないよね?

太田:(笑い)そんなことないですー!

伏見:マジメな話、いい人でもあることも間違いないし、優しくて気配りもできて繊細な方だと思う反面、すごく傲岸不遜で、セルフィッシュで、怒りを溜めている人だってことを、関わっていくうちに実感しました。でも、その両方の顔を持っているからこそ面白いなあ、と。そういう二面性が、いまどきの若者なのに、大学生になってまで同性愛のことで自殺したいとまで思い詰めるところと関係があるのかな?って。

太田:二面性ですか……うーん。