木曜の腐女子 その7「結婚して益々腐った私って!?」

話があちこち脱線してしまってますが、前々回からのつづきです。

そんな風にして私は腐女子となりましたが、周囲の仲のいい友達にさえそんな趣味を持っていることは黙っていました。時代はバブルの末期頃で、たぶん今の学生たちよりずっと皆わかりやすく派手に遊んでいて、そんな男同士の恋愛マンガや小説を読んでハアハアしてるなんて、とても言える気がしませんでした。

特に私は男の人とつきあったりもしていなかったので、モテない女がその代償にそんな趣味に走っているなんて思われたら恥ずかしいという気持ちがありました。私に「風と木の詩」やJUNEを教えてくれたのは大好きな友達だったのですが、彼女は予備校で知り合った子で、普段よく遊んでいる大学の友達たちとは違い、ちょっと変わったオタクっぽい子だったこともあり、私の中でやはりそんなものに夢中になるのは変わり者だという認識があったのです。

当時はまだオタクというものがそれほど市民権を得ていなくて、ネットもなく仲間を見つけるのも容易ではなかったし、何より私自身に同族嫌悪のようなものがあって特にそんな仲間など欲しいとも思いませんでした。アングラなこっそりひとりで楽しむ趣味のひとつで、そのうち彼氏ができたりしたらこんなものに現を抜かすこともなくなるかもしれないという期待もありました。しかしそんな私の期待も虚しく彼氏ができることもなく時が過ぎ、私の腐女子熱もいっこうに下がることはなかったのですが、大学を卒業すると同時にひょんなことから小学校の頃の同級生といきなり結婚することになってしまいました。

それでどうなったかというと、ご覧の通りです。私の腐女子趣味は現実の私の恋愛や性生活とはなんの関係もなかったということがわかった、という以上に、逆に今まで多少セーブしてきた腐的な感情や行動を、もう人並みに結婚もしたんだからいいでしょうと免罪符のようにして、全開にしはじめたのでした。

よく彼氏や夫には腐女子だということを隠しておくという人もいると聞きますが、私の場合は最初から全く隠しませんでした。夫がオタク的なところが全然ない人で、まるでそういったことに興味がなかったということもあるし、学生時代に二丁目でバイトをしていて同性愛にも偏見がなく、柔軟な性格の人だったということもあると思いますが、なにより私が買う本の量が多くて隠しておくことなどできそうになかったからです。それどころか私は、腐女子の友達がいなかったので、萌えることがあると全然BLになど興味のない夫にその萌えを滔々と語り、夫を辟易させていました。それでもまだアマゾンなどなかった頃、出不精な私が頼むとBL雑誌やマンガなどを嫌がりもせず買ってきてくれていたできた夫です。

そんな中で育ってきたので、子供たちも自然に私が腐女子だということは受け入れているというか、受け入れざるをえない境遇でした。「ママは気色の悪いオタク」などと軽口を叩いたりしますが、それでも、頼むと今では息子がBL本を買ってきてくれるし、世の中にはいろいろな人がいて様々な価値観があるということを、幼い頃より自然に教育してきたのだと、無理矢理こじつけています。

 

真紀ママ (A Day In The Life 木曜担当)

一男一女を持つノンケの主婦。にして重度の腐女子で、こよなくボーイズラブ作品を愛好している。性格もおおらかで、ドジっ子なキャラが、ゲイのお客様にも、ノンケのお客様にも大いに愛されている。声優の緑川光の大ファンで、彼の追っかけで、週末は神出鬼没! 高知出身

twitter/@mm_elaine