いたるの部屋 その9

「アカデミー賞でじゃれあうマット・デイモンとジミー・キンメルが可愛くって仕方ない」

こんにちは。

A Day In The Life 火曜日担当の「いたる」です。

2月21日(火)と2月28日(火)、2週続けて営業をお休みさせていただきまして申し訳ございませんでした。

2月26日(日)には、「春直前!昼酒スペシャル 14時オープン」と題して臨時営業いたしました。休日に明るい時間から飲むって、やっぱりいいものですね。

いつもは平日の夜ですから、お仕事帰りかつ翌日のお仕事もあるということで、なんとなく弾けきれずに話途中で切り上げなきゃ、という雰囲気があるものです。でも昼酒スペシャルの時は、じっくり腰を落ち着けて飲む、という方が多くていつも以上にディープな話で盛り上がれました。

14時オープンで、翌5時までのマラソン営業を完走できたので、まだまだ体力的に大丈夫だと自信を持ちました。

また、機会があれば昼酒スペシャルをやらせていただきます。その折には、明るいうちからじっくり飲みましょうね。

その昼酒スペシャル営業明けの2月27日(月)は午前中から第89回アカデミー賞がWOWOWで生中継されていました。

みなさまご存知のように、クライマックスの作品賞発表時に、フェイス・リフトのしすぎで顔がつっぱりまくって表情皆無なプレゼンターのボニー(ウォーレン・ベイティ)とクライド(フェイ・ダナウェイ)が、手違いで渡された主演女優賞の作品名を読み上げてしまう大ハプニングが発生しましたね。

その生中継は営業明けの仮眠中で見てないのですが、夜に放送された字幕版をじっくり見ました。最後のハプニング抜きにしても、今年のアカデミー賞は面白かったです。
その大きな理由の一つは、MCのジミー・キンメルとマット・デイモンの確執にあります。

僕は全く知らなかったのですが、ジミー・キンメルは「ジミー・キンメル・ライブ」という人気トークショーのホストで、この番組を通じてマット・ディロンとの確執が生まれているそうです。

そのあたりをまとめた記事を見つけました。

■俳優マット・デイモンと司会者ジミー・キンメルの長い闘いの歴史をまとめてみた(BEAGLE the movie

この中で特に注目なのが、なかなか自分をゲストに呼んでくれなくて焦れたマット・デイモンが、親友のベン・アフレックの腹の中に隠れて登場する、この回です。

https://youtu.be/uP4d9YtzkXk

ベン・アフレックにずっと抱きついていたマットが顔だした時の表情の可愛いさったらないでしょ?

要はマット・デイモンの大親友のベン・アフレックを含めて、いい年した大人少年たちが公共の電波を使ってじゃれあってるわけですが、大人少年(男の子っぽさが残るオッさん)が好みの僕にとっては、この可愛さ、たまらないのです。

こういう経緯があったので、アカデミー賞でも冒頭からジミー・キンメルはマット・デイモンをいじりまくっていました。

「親友のベン・アフレックの弟(ケイシー・アフレック)に「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の主役を譲って、自分は「グレートウォール」のような底抜け超大作に出て大失敗、見る目がない男だ」

と口撃。

ちなみに4月公開の「グレートウォール」の予告編はこちら。

https://youtu.be/B9xMPUVLjsQ

また、脚本賞のプレゼンターとしてベン・アフレックと登場した時の紹介は

「ベン・アフレック&ゲスト」

と名前すら呼んでもらえない始末。

ノミネートを発表する前のコメントをマット・デイモンが喋ろうとすると、いきなりオーケストラが大音響で演奏し始めて妨害される(指揮をしているのはジミー・キンメル)とか。

ジミー・キンメルとマット・デイモンの確執を知ってから見ると、なんとも笑える企画の連続。

受賞者のスピーチや、キャリー・フィッシャー始めとした一年間の映画関係の物故者への追悼など感動的な面と、ジミー・キンメルの個性を活かした楽しい面が融合して、長時間でも飽きずに楽しめる演出でした。

日本では4月にかけて、アカデミー賞関連の映画が続々と公開されます。

作品賞を受賞した「ムーンライト」は、ゲイで貧困層のアフリカ系アメリカ人というマイノリティを描いた作品。いきなり注目が集まって、日本公開は最初の予定より一ヶ月も前倒し(3月31日公開)されることになりました。

https://youtu.be/c-vD-mO9Th0

ハプニングに巻き込まれた監督賞と主演女優賞受賞の「LA LA LAND」は大ヒット公開中。

白人男性と黒人女性の結婚が許されなかった時代の実話を描いた「ラビング~愛という名前のふたり」もひっそりと公開されています。

https://youtu.be/xdjfF5Uabws

ナタリー・ポートマンがジャッキー・オナシス(暗殺されたケディ大統領のファーストレディ)を演じる「ジャッキー~ファーストレディ 最後の使命」は3月31日公開。

https://youtu.be/DJRwBGBbE1M

整形がキツすぎて一瞬誰だか分からないニコール・キッドマン出演の「ライオン~25年めのただいま」は4月7日公開。

https://youtu.be/5pC9WO_BIyU

質量ともに映画館が充実するこの季節、お近くのシネコンなどで良質なエンターテインメントを堪能しませんか?