木曜の腐女子 15

父は私を「ブッチャー」とあだ名した

 

近頃年齢のせいか、お客様のお名前が覚えられません。お名前を伺った先からすぐ忘れてしまいます。元々は記憶力はいい方だったのに、最近の忘却力ときたら凄いもので、まったくお婆さんになった気分です。

先日も一ヶ月程前に初めて来られたお客様が再来店してくださったのですが、お顔や前にお話した内容は覚えているのに、どうしてもお名前が出てきません。観念して伺おうかと思ったら、機先を制するようにそのお客様が「すごい、一度来ただけなのに、ちゃんと私のこと覚えてくれてるのねー」と仰ったので、つい聞けず仕舞いでした。

ひとりでお店に立っていると、こういう時に誰にも聞くことができないのでちょっと困ります。それでも来てくださるのが2回目くらいなら、すみませんと謝ってお聞きすることもできるのですが、何度か来てくださっていてもなぜか覚えていないということがあるのです。申し訳ないことです。

ということをこないだお店でお話していたら、それならいっそのこと誰のことも覚えていないってことにすればいいんじゃないかとか、その都度勝手にあだなをつけて呼べばいいんじゃないかとかいう案が出たのですが……。

あだなってつけるのが上手い人っていますが、本人がイヤなあだなはよくないし、かといって当たり障りのないどうでもいいようなのでは面白くないし、考えると結構難しいもんですよね。私は友達からは特につけられたあだなはなかったのですが、父にはなぜか子供の頃、ブッチャーと呼ばれていました。プロレスラーのアブドーラ・ザ・ブッチャーから来ているのですが、今でこそこの有様ですが子供の頃の私はそれほど太ってなかったので、たぶん目がギョロっとしていたのと血気盛んだったからじゃないかと思います。私もプロレス好きだったし笑って受け入れていましたが、可愛い娘にそんなあだなをつけるなんて、今思うと酷い。

今は家では、夫からはネズミ(夜中にゴソゴソ活動して、ムシャムシャ何か食べたりしているから)、子供たちからはブタさん(そのまんまの意味)と呼ばれています。お客様で私のことを海鮮ババアと言う人もいます。もっと素敵なあだなを……。

 

真紀ママ(A Day In The Life 木曜担当) 

twitter/@mm_elaine

一男一女を持つノンケの主婦。にして重度の腐女子で、こよなくボーイズラブ作品を愛好している。

性格はおおらかで、ドジっ子なキャラが、ゲイのお客様にも、ノンケのお客様にも大いに愛されている。声優の緑川光の大ファン。彼の追っかけで、週末は神出鬼没! 高知出身。