いたるの部屋 その11

だからラジオ・リスナーは止められない。

こんにちは。

A Day In The Life 火曜日担当の「いたる」です。

昨年くらいからradikoを使って、しょっちゅうラジオを聴くようになりました。

平日は「おはよう寺ちゃん 活動中」(文化放送)「高嶋ひでたけのあさラジ!」(ニッポン放送)「ジェーン・スー 生活は踊る」「たまむすび」「荒川強啓デイキャッチ!」「荻上チキ・Session22」(以上TBSラジオ)「JAM THE WORLD」(J-wave)などは、ほぼ毎日聴いています。

ながら勉強をしていた(だから成績が良くなかったのですが・笑)学生時代を思い出しながらのラジオ生活を楽しんでいる毎日です。

radikoには【タイムフリー】機能があるので、オンタイムで聞かずとも、1週間以内なら好きな時に聴くことができるんです。これ、便利なんですよ。

スマホでもタブレットでもPCでも無料で使えるので、まだ使ったことのない方も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか? 

ラジオはTVよりも一つのテーマを深掘りして話せるので、特に報道関係は興味深い話が聞けることが多いです。

コメンテーターも番組ごとの色があり、同じ事件・出来事でも様々なイデオロギーの人によって解釈が異なっていて興味深いです。
例えば同じ右派でも、上念司氏と三橋貴明氏とでは、ずいぶん意見が異なるし、主張の説得力の強さも違うなあ、という発見もあったり。
個人的には、隔週金曜日の「おはよう寺ちゃん 活動中」に出演の佐藤優氏のコメントは聞き逃さないようにしています。元外交官的な解釈は、いわゆる評論家とは異なっていて「そういう見方もあるんだなあ」と目からウロコな感じがすることも少なくないです。
逆に、同じ外交官出身の孫崎享氏(毎週木曜「おはよう寺ちゃん 活動中」)は、テキストに比べて喋りだと説得力が弱いな、なんて気づいてしまうことも。

もちろん、月曜日の「荒川強啓デイキャッチ!」では17時から出演の北丸雄二さんは聞き逃さないようにしていますよ。

ラジオから得られる知識は報道だけじゃありません。生活情報も、とてもありがたいものです。
で、そのラジオから得た生活情報で、先週ちょっとした面白い出会いがありました。

先々週(4月11日)は、急に気温が下がり雨が降るとの予報でした。
直前の週末は花見で盛り上がったようですし、火曜日の営業にお客様がお見えになる理由がない。「これは、何とか工夫をしなきゃあかん」

と前日(10日)に、いつものごとくradikoで「ジェーン・スー 生活は踊る」を聞いていました。

この番組で紹介されていたのが、メルシャン・ワインのサイト内で公開されている「悪魔メシ」レシピ
これはメルシャンワインが販売しているチリワイン「カッシェロ・デル・ディアブロ」が「悪魔の蔵」という意味だそうで、そのプロモーションのために公開されているワインに合うジャンクな料理レシピのシリーズなのです。

この時、ラジオで取り上げられたのは「愚者愚者ハンバーグ」。
レトルトのハンバーグをフライパンでぐしゃぐしゃにして、そこにトマトジュース、ケチャップ、ソース、マヨネーズをぶち込んで煮るというもの。
煮込んだものをカマンベールにたっぷりかけて、生のパセリを刻んだものと黒胡椒を親の仇のようにふりかけて完成。
ラジオではこれを実際に作り、パーソナリティーのジェーン・スーと、TBSアナウンサーの堀井美香(本来は金曜日の出演なのだけど、この日はイレギュラー出演)の2人が「これは美味い」と本番中にもかかわらず口に頬張って貪り食っていました。

「作り方は簡単そうな割に面白いと思ってもらえそう」

と考えて、悪魔メシのレシピ動画をつけて「明日は悪魔メシ・愚者愚者ハンバーグ作りま~す」とツイートしました。
当日は、予報通りに気温が低く雨模様、そして予想通りにのんびりした営業でしたが、そんな悪天候にもめげずにご来店いただいたお客様には「愚者愚者ハンバーグ」をご飯にのせてご提供しまして、好評をいただきました。

で、先週火曜日のこと。
気温も上がり天気も良く、打って変わって賑やかな店内に、初めてお顔を拝見する明らかにストレートの男性3人組がお見えになり、赤ワインのボトルを注文されました。
「伏見さんと面識のある方なのかな?」
と最初は思い、
「この店は他の曜日にいらしたことあるんですか?」

と尋ねたところ「初めてです」とのお答え。

「どうして、わざわざ火曜日に?」

とさらに尋ねたところ、

「僕たち、メルシャン・ワインのサイトを作っているんです」

との驚愕のご返答!

「悪魔メシ」の反響を知るためにエゴサーチしてみたところ、レシピを公開して早々に僕がツイートしているのを見てくださり、「店で出してくれたようだから、これは行ってみなきゃ」と考えてくれたようです。

こんな形でご来店いただくなんてことがあるんですね。

SNSの凄さと共に、水商売って面白いもんだなあと実感しました。

そして、こういう驚きの出来事のきっかけを作ってくれたラジオをますます好きになりました。

この出会いに感謝して、「悪魔メシ・愚者愚者ハンバーグ」はいつでも作れるよう用意しておきます。食べてみたい方は、ぜひ火曜日のA Day In The Lifeに遊びにいらしてください。

毎週火曜日、17時から深夜まで営業しています。

 
いたる(火曜担当)

177cm×108kg×52歳
大分出身。
20年続けて来たゲイ雑誌の仕事を辞め、現在新たなフィールドを開拓中。
エロ本編集長時代に培ったスケベ親父ならではのエロ話の多彩さと、独身男の胃袋を掴む為に磨いた家庭料理の腕を発揮。
食堂酒場と銘打って、毎週様々な料理とご飯を作っている。

twitter/@itaru1964
http://rainbowjapan2020.com