木曜の腐女子 19

真紀、仲通りで外国人にナンパされる!

A Day In The Lifeで働かせて貰うようになって、いつの間に!?という感じでもう4年が過ぎました。お酒を作るのと海鮮丼を作るのが(作るもなにもネタをごはんの上にのせるだけ)多少速くなったくらいで、あとはオープンした最初の頃とたいして何も変わっていない気がしますが、べつに話し上手でもなく(むしろ私の話は何を言っているのか我ながら要領を得ない)、特に気が利くわけでもない(これまたむしろ気が利かない)のに、これまで続けてこられたのは、それでも来てくださるお客様のおかげです。ありがとうございます。

未だに自分が接客業、しかもバーのママなんかをやっているなんて、しばしば不思議な気がします。そもそも私は外交的な質ではなく、放っておけばいくらでもひとりでいるタイプです。特別気難しいわけでも、引っ込み思案なわけでもありませんが、特に愛想がいいということもありません。

たまに夫と近所のお店に買い物に行ったりすると、夫とお店の人が親しげに会話しているのに驚きます。私はずっと何年もの間通っているお店の人とも、お釣りを受け取る時に「ありがとうございます。」という以外、話したことはありません。仕事の手を止めさせるのも悪いという気もあります。お店の人から話しかけられたこともなければ、自分から話しかけることもないのです。これは子供の学校の保護者のお母さんたちに対しても同様で、特に用事もないので黙っていると話しかけられることもなく、保護者会などに行くといつの間にか他のお母さん方は仲良くなって楽しそうに話していて、え、まさか私だけ孤立!?とビックリするなんてことがよくありました。こないだも近所の友達と近所のパン屋さんに行ったら、そのお店に通っている頻度は同じくらいの筈なのに、友達の方はお店の人と随分親しくなっていて、これがコミュニケーション能力の差というものかと思いました。

そんな私ですが、二丁目で飲みに行くと知らない人と話すのも平気です。なんとなくそんな雰囲気だからです。お店では初めてのお客様にも結構グイグイいろいろ話しかけてしまいます。静かに黙ってお酒の味と雰囲気を楽しむというよりは、どちらかというと皆であれこれ話すのが楽しいというお店だと思うので、遠慮なく話しかけてしまうのですが、あとから「しまった!あのお客様はじっと他のお客様のお話を聞いているだけの方がよかったのかも」と反省する時もあります。

先日、お店に出勤する途中に仲通りの手前で外国人の男の人に話しかけられました。道を尋ねられるのだと思い立ち止まると、「○○の店、知ってますか?」と聞かれたのですが、知らないと言うと「私のセクシャリティーわかりますか?OK?」と言うので、きっとゲイってことなんだなと思って、「はい、わかります」と答えたら「あなたと私、ホテル行けますか?お金払うのでセックス大丈夫ですか?」と言うではありませんか!ビックリ仰天して「大丈夫じゃないです。NO、NO!」とそそくさと立ち去りましたが、あれはいったいどういうことだったのか、お店でお客様とも話したのですが、まさか私を男と思ったのか、年を食った女装なら安いと思ったのか……?もっと詳しく聞けばよかったと悔やまれます。

コミュニケーションについて書こうと思ったのに、またしても要領を得ない話になってしまいました。

 

真紀ママ(A Day In The Life 木曜担当) 

twitter/@mm_elaine

一男一女を持つノンケの主婦。にして重度の腐女子で、こよなくボーイズラブ作品を愛好している。

性格はおおらかで、ドジっ子なキャラが、ゲイのお客様にも、ノンケのお客様にも大いに愛されている。声優の緑川光の大ファン。彼の追っかけで、週末は神出鬼没! 高知出身。