木曜の腐女子 22

「ママ、イヤホン外れてるよ。馬鹿じゃないの?」

時々、親子で飲みに来てくださるお客様がいらっしゃいます。先週も初めて来てくださったお客様がお母様とお嬢さんでした。一緒に飲みに来られるくらいなので、皆さん仲が良さそうで素敵です。

私の子供2人ももう成人していてお酒も飲めますが、たまに私が飲みに誘っても常に断られます。飲みに行くだけではなく、映画もライブも買物も、殆ど断られます。どうも私と一緒に行動するのがイヤみたいです。夫となら2人ともなんでも喜んで付き合います。普通は父親の方が煙たがられて敬遠されがちなことが多いんじゃないかと思うのですが、我が家ではいつも私が嫌われ者です。

しかしまあ子供たちの気持ちもわからぬではありません。夫は自分の感情をコントロールすることに長けていて、非常につきあいやすい人です。子供たちのことも一度も怒ったことがありません。彼らが間違ったことをしたと思った時でも、一方的に怒ったりすることなくよく話を聞いて、諭すという姿勢です。一方私はいつもすぐに頭に血がのぼって怒りまくりますが、それもその時の気分次第で全く一貫性のない態度です。

そのうえ私はとんでもない腐女子です。子供たちがまだ小学生の時に、私はゲイビデオアイドル(↑ HIKARU)にハマっていました。彼のビデオは毎月のように出ていて、最初の頃はネットでビデオを買っていたのですが、二丁目のお店では発売日の前に入荷するということをつきとめてからは、一刻も早く見たくてたまらなかったので、仲のよい二丁目のお店のママに買って貰うことにしました。ある日もビデオを受け取りに行って、でもまあそこはビデオを受け取ってすぐに帰るというのも悪いので、ちょっと飲んで帰るはずが結局飲み続け、家に帰り着いたのは朝でした。

その日は夫は仕事が休みで(だからこそ朝まで飲めたのですが)、帰宅すると皆既に起きて仲良く朝ごはんを食べていました。その頃の私は家に一台しかなかったリビングのテレビか、寝室のポータブルDVDプレーヤーでゲイビデオを見ていたのですが、家族がいるとなれば当然リビングのテレビでそんなビデオを見るわけにはいきません。でも、せっかく取りに行ってきた新作ビデオです。とにかく早く見たくて仕方ありません。とはいえなんとなく家族と一緒にいたいような気持ちもあり、そこでその時はリビングに置いてあったPCで見ることにしました。

PCは家族が朝食を食べているテーブルとは反対側のデスクに、テーブルからは画面が見えないように置いてあったので、イヤホンをして見ていれば気づかれる心配はありません。そそくさと私はDVDをPCにセットして鑑賞を始めました。しばらく夢中になって見ていたのですが、なんとなく視線を感じて目をあげると、夫と子供たちが揃って呆れたような顔をしてこちらを見ています。「なに?」と問う私に、一番小さな息子が「ママ、イヤホン外れてるよ。馬鹿じゃないの?」と言いました。イヤホンがちゃんとイヤホンジャックに差し込めておらず、喘ぎ声などが丸聞こえだったのです。

そうとも知らず、私ときたら薄気味悪くニタニタ笑いながら食い入るようにビデオを見ていたのですから……。そんなことが積み重なっての今だと思うと、少々冷たくされてもやむを得ません。やっぱり私にはもうジュンちゃん(猫)しかいないのかもしれません。

 

真紀ママ(A Day In The Life 木曜担当) 

twitter/@mm_elaine

一男一女を持つノンケの主婦。にして重度の腐女子で、こよなくボーイズラブ作品を愛好している。

性格はおおらかで、ドジっ子なキャラが、ゲイのお客様にも、ノンケのお客様にも大いに愛されている。声優の緑川光の大ファン。彼の追っかけで、週末は神出鬼没! 高知出身。