木曜の腐女子 24

「二次創作はいまいちな私」

 

木曜の腐女子というタイトルで、堂々とまるで腐女子代表みたいにやっていますが、自分ではいわゆる腐女子としての資質はそれほどないんじゃないかと思うこともあります。というのも、よく二次創作の元になっているマンガやアニメなどを見ても、私にはちっともピンとこなくて、彼らをゲイにしたりカップルにしたり、そういう風には全然思えないことが殆どだからです。

以前にも書きましたが、私の腐女子への入り口は「風と木の詩」で、少年愛を直接描いたものです。なにせ冒頭からいきなり男同士のセックスシーンで始まる物語ですから、わかりやすいのです。最初がそういうものだったせいなのか、三つ子の魂百までと言うように、私は受けが綺麗でかわいそうで根っからの男好き、みたいなのが好きで中心になっています。

「風と木の詩」以降は栗本薫をはじめとするJUNE作家を読むようになり、その後二次創作というものがあると知ったのはだいぶ後になってからです。たぶん初めて読んだ二次創作は「聖闘士星矢」だったと思いますが、あまり少年漫画を読んだことがなかったので、元の漫画を見てビックリしました。私から見たらちっとも美少年でもなんでもない男の子たちで、彼らをカップル扱いする気持ちが全然わからなかったからです。よく腐女子は関係性に萌えるなどと言いますが、その点私は見た目が大変重要で、関係性の前に見た目が好きじゃないと、関係性を考えるところまでいきません。原作よりはるかに美しく綺麗なキャラクターに変えて描いている作品を見た時は、すごい想像力だと感心しましたが、「でもほんとはこんなんじゃないのに……。」という気持ちが勝って、入り込めないのでした。

それでしばらく二次創作物は読まなかったのですが、それからかなり経った頃に私が好きな商業作家の人たちが軒並みスラムダンクの同人誌を作っていて、それらには大変萌えたので、こんなに多くの作家を魅了している原作はどんなものなのだろうと読んで見たら、なるほどとても面白く感動もしたものの、それはスポーツ漫画としての面白さと感動で、やはり彼らを腐った目で見るということはありませんでした。

それでもスラムダンクの場合は、先に沢山の同人誌を読んでいたし、原作の絵からもまだ妄想しやすかったので、なんとなく妄想回路を作ることができましたが、普通の漫画を読んで自然発生的に腐女子的な妄想をするということはなかなかありません。

だから私はわかりやすくそのものズバリなゲイビデオの方に行ってしまったのかなあ、だとしたら随分安直で、腐女子としたらたいしたことないなあと思ったりしたのでしたが……。(続きます。)

 

真紀ママ(A Day In The Life 木曜担当) 

twitter/@mm_elaine

一男一女を持つノンケの主婦。にして重度の腐女子で、こよなくボーイズラブ作品を愛好している。

性格はおおらかで、ドジっ子なキャラが、ゲイのお客様にも、ノンケのお客様にも大いに愛されている。声優の緑川光の大ファン。彼の追っかけで、週末は神出鬼没! 高知出身。