木曜の腐女子 26

「七夕の短冊に幼なかった息子が願ってくれたこと」

そんな風にして声優・緑川光様の虜になった私でしたが、私がファンになった頃はBLCDへの出演が減っていっている頃だったので、既に出ていたCDを聴き尽くすと、新作が出ないことに苦しむようになりました。その頃の私は月に何十冊もBLマンガやBL小説を読んでいましたが、好きな作品、好きなキャラクターに出会うと漏れなく緑川様の声をあてはめて、CD化される際は緑川様が演じてくれますようにと願をかけるのですが、悲しいことに他の声優がやることが殆どで、次第に私はどうせ緑川様がキャスティングされないなら、好きな作品はどうかCDになどなりませんようにと祈るようになっていきました。

私がファンになった時には緑川様は既にベテランでしたが、どうもBLCDというのはどちらかというと若手がやる仕事という位置付けらしく、私が見たところ緑川様本人はBLをやりたがっているようにも関わらず、事務所がBL仕事をあまり入れなくなっているみたいなのでした。あんなに上手で我々腐女子の心を鷲掴みにする演技ができるのに、それを披露する場が少なくなっていくなんて、なんという悲劇でしょうか。そんな行き場のない嘆きやぼやきを、当時私はひたすらブログにぶつけていたのですが、先日お店にそのブログを読んでくださっていたというお客様がいらっしゃって、驚くやら恥ずかしいやら……。でも嬉しかったです。

緑川様の新作BLCDが出ない苦しみの中で、そのうちに私は別の楽しみを見出すようになりました。緑川様がアニメで演じている役の二次創作に手を出すようになったのです。普通のアニメの役でも、二次創作の中では勝手にBLの役割を与えられて思う存分喘がされているので、私はそれを緑川様ボイスで脳内再生して楽しむという技を身につけたのでした。こうして私は二次創作に萌える気持ちも少しはわかるようになり、やっと一端の腐女子になったような気がしたのも、緑川光様のおかげです。

ところで今週は七夕ですが、息子がまだ小さい頃に一緒にデパートに買物に行った時に、笹が飾ってあって、短冊に願い事を書いて吊るすようになっていました。デパートのお姉さんに促されて息子が何か願い事を書いて短冊を結んでいたので、何を書いたのかなあと見てみると、「ママがヒカルと仲良くなれますように」と書いてありました。ヒカルというのは、その頃私が夢中になっていたゲイビデオモデルの名前です。私はなんでも夫に話すので、息子はそれを聞いて私がヒカルが好きだということを知っていたのです。自分のことより私のことを願ってくれるなんて……ありがとう!と思うと共に、なんとも複雑な気持ちになりました。

 

真紀ママ(A Day In The Life 木曜担当) 

twitter/@mm_elaine

一男一女を持つノンケの主婦。にして重度の腐女子で、こよなくボーイズラブ作品を愛好している。性格はおおらかで、ドジっ子なキャラが、ゲイのお客様にも、ノンケのお客様にも大いに愛されている。声優の緑川光の大ファン。彼の追っかけで、週末は神出鬼没! 高知出身。真紀ママの営業は、築地で働く旦那が仕入れて来る海鮮丼が名物!