【二丁目の一夜の一首】VOL.8 7月某日

わけもなく愛されながら罪もなく憎まれたってよしと思った

 

初対面の人を一目で嫌いになることが少ない。鈍感なんだろう。面識もない人にツイッターでブロックされていると心底びっくりする。でも最近もう肌でわかってきた。愛と憎に理由はないんですね。べつに素敵でない私が愛されるのならば、その逆もあるだろう。48年以上生きてわかったんですよ。遅すぎ。

 

 
枡野浩一 / 1968年東京西荻窪うまれ。歌人。

大学中退後、広告会社勤務のコピーライター、フリーの雑誌ライター、作詞家などを経て、1997年『てのりくじら』『ドレミふぁんくしょんドロップ』(実業之日本社より二冊同時発売、絵=オカザキマリ※おかざき真里)で歌人デビュー。最新短歌集は『歌』(雷鳥社、写真=杉田協士)。

 

180

絵=目黒雅也

 東京都西荻窪出身のイラストレーター。日大芸術学部デザイン学科奨励賞。著書に、『絵本むしうた』 (日本デキシーより紙コップ絵本 現在絶版)  絵本『あれたべたい』(あかね書房)作画・目黒雅也 / 文・枡野浩一

https://note.mu/masaya_meguro

 

 

枡野さんと目黒さんの最新刊!

文・枡野浩一 / 絵・目黒雅也

『ネコのなまえは』(絵本館)

おたくのネコは、ほんとうにネコですか?

うちのネコは…!?

ネコがふってきたのは、ある雨の日だった

ネコはみるみる成長し、すくすく成長し、ますます成長した…

ネコ! おまえはほんとうにネコなの?

ぼくとネコの、ちょっと不思議なものがたり