木曜の腐女子 27

「眠れない、眠らない」

我が家の寝室の窓は向かいの幼稚園の園庭に面しているので、引っ越したばかりの頃は、子供たちが元気に遊ぶ声で目が覚めるのもなんとなくノスタルジーを感じていいものだなあと思っていました。

私は小さい頃は保育園に通っていたのでお昼寝の時間がありましたが、記憶にある限りでは通っていた間に一度しか眠ったことがありません。どういうわけか小さい頃から私はお昼寝が嫌いでした。眠れないからといって騒いだり先生を困らせたりすることもなく、ジッと目を瞑って横になっているいい子だったのですが、時々こっそり目を開けてみると先生と目が合います。すると私が寝ていないと知った先生が睡眠を誘うように私の瞼にそっと手をあてて撫でてくれるのですが、そんなことでは眠くなりません。やがて何度も私の瞼を撫でていた手が止まって、瞼に手の重みを感じます。いつも先生の方が寝てしまうのでした。私は先生を起さないようにますますジッと動かずお昼寝の時間が終わるのを待ちますが、その時間を拷問のように感じていたので、保育園が嫌いでしょっちゅう休んでいました。

それなのに今になると懐かしく思えて、幼稚園児の声を目覚まし時計代わりにいい感じに目覚めていたのですが、ここ最近は園児たちが登園するよりずっと早い時間に目が覚めてしまいます。私は宵っ張りで夜が遅いし徹夜も平気なのですが、一度眠ると10時間くらいは起きられないのが常だったのに、いくら夜遅く寝ても5時や6時に目が覚めてしまうようになったのです。

最初は早起きできてラッキー!と思っていましたが、そうすると睡眠時間が短すぎて、こんなに寝ないで私の健康は大丈夫なのだろうかと心配になってきました。年をとると睡眠時間は短くなるものらしいですが、それは徐々に短くなっていくものなんだろうと思っていたのに、私の場合はなんだか突然すぎるような……。老化が早過ぎるのでしょうか!?

でもまあ今まで寝てばかりいて随分時間を損しているような気がしていたので、やっぱり早起きは三文の得、ラッキー!と思うことにして、早寝早起きライフをするよう心掛けようと思っています。ところで猫の睡眠時間は人間の2倍などと言いますが、我が家の猫ジュンちゃんは、いつ寝ているんだろうというくらい、寝ている姿を見ません。私が目が覚めると必ず気配を察して部屋に入ってきて、早く起きて遊んでくれよと言うようにお腹の上に乗ってきます(かわいい!)。ほんとにいつ寝てるんだろう?

 

真紀ママ(A Day In The Life 木曜担当) 

twitter/@mm_elaine

一男一女を持つノンケの主婦。にして重度の腐女子で、こよなくボーイズラブ作品を愛好している。性格はおおらかで、ドジっ子なキャラが、ゲイのお客様にも、ノンケのお客様にも大いに愛されている。声優の緑川光の大ファン。彼の追っかけで、週末は神出鬼没! 高知出身。真紀ママの営業は、築地で働く旦那が仕入れて来る海鮮丼が名物!