伏見憲明 著『欲望問題』(ポット出版)の書評集

2007年(いまから10年前)拙著『欲望問題』を上梓したときに、ポット出版さんが錚々たる識者のみなさんに書評を寄稿してもらったサイトを作ってくれた。当の私の著作よりも書評集のほうがよほど面白い!くらいなのだが、現在、ポットさんのウェブサイトのなかで探しづらいので、こちらから飛べるようにURLを記していく。

http://www.pot.co.jp/tokushu/yokuboumondai

橋爪大三郎[社会学者]●他者に通じる言葉で研ぎ出された欲望の相互承認への提案

中村うさぎ[作家]●小倉千加子さんは鳥で、私は犬だったのね!

竹田青嗣[哲学者]●「差別」の問題を考えるとき、これがいまのところいちばん根本的である

神名龍子◎理よりも利

加藤秀一[社会学者]●あらゆる〈だけ〉に抗する思想のために

『欲望問題』をめぐるスペシャル対談◎西研[哲学者]vs菅野仁[社会学者]

石井政之[ジャーナリスト、NPO法人ユニークフェイス代表]●当事者解放運動の成果として瞠目の書

赤川学[社会学]●欲望問題から制度問題へ

藤本由香里[評論家]●「豊かな魑魅魍魎」のために

松本侑子[作家]●同じ時代を同じように摸索し、答えを探しながら生きてきたんだな

北原みのり[LOVE PIECE CLUB代表]●読後、もやもやした気分が続いている。

池田清彦[生物学者]●他人の恣意性の権利を侵食しない限り、人は何をするのも自由である。

山元大輔[生物学者]●欲望の価値

松江哲明[映画監督]●「欲望肯定」

吉澤夏子[社会学者]●「欲望問題」と「心の自由な空間」

小浜逸郎[批評家]●私の「痛み」から出発し、社会思想的な地平に至るまで

 

……他にも多くの人が寄稿やら対談をしてくれています。すべて読みたい方は下記へ。

欲望問題プロジェクト