二丁目寺の坊主日記 26

『二丁目寺のお仏壇』

お久しぶりでございます。

アデイの月曜担当、本多清寛です。

さて、夏の疲れが全くとれない今日この頃。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

実は、お盆前の営業から『仏壇』をお迎えしております。これが意外と評判が良く、なんとなくお店の雰囲気も落ち着いたような気がしております。店主が落ち着かない奴なので、すでにご利益を頂けているみたいです。

神棚ならまだしも、仏壇のあるバーは少ないと思いますが、ゲイバーに分類されるお店に仏壇が迎えられたのは世界初なのでは? とりあえず、このまま営業を続けて、ギネスに挑戦して行きます。申請方法は知りません。

んー、疲れすぎて妙なテンションですね。

というのも、今月は200件以上のお家で読経ライブを行うというハードな日程だったんです。1件当たり、10分くらいしか居られないんですが、お家毎に感情が違うので、同じことの繰り返しとはいかず、やはり疲れてしまいます。

しかも、お盆が終わったら2泊3日の子ども坐禅会があり、前日準備から怒濤の4日間。そして、最後に二丁目寺ということで、倒れないか心配だったんですが、なんとか無事に終えることができました。ありがたかったです。

たぶん、今までの僕だったらどっかで倒れていたと思うんですが、二丁目寺のおかげで倒れずにいられたように思います。やっぱり、わざわざ来てくれる人がいることって、本当に幸せなことで、勝手に力をもらえるみたいです。感謝です。

まだまだ夏に溜まったお仕事に追われている最中ではあるんですが、お盆を終えた他のお坊さん方が8月28日に来て下さるらしいので、僕以外の坊主とも触れあいたいフェチの方々は、どうぞ二丁目寺にご参拝くださいませ!

また、どなたかの供養をしたい方がいらっしゃったら、TwitterやFacebookで構いませんのでご連絡ください。二丁目寺にて、その方のご供養をいたします。料金とかは特にございませんので、お近くの寺社仏閣にお賽銭をして頂くか、可能ならアデイの各曜日に来て飲んでいって下されば結構です。全部じゃなくてもいいんですが、全部お参りすると悟りが開けるという噂です。よろしくお願いいたします。

残暑というより、今が夏という暑さですが、体調崩されませんようにお祈り申し上げます。

南無釈迦牟尼佛

 

本多清寛(しょうかん)和尚。(月曜担当)

1985年生まれ。熊本出身。お寺に生まれお寺に育つ。22歳の時、福井県の永平寺という山奥の修行寺で3年過ごす。修行仲間には相当な迷惑をかけ続けて山を下りる。その後、曹洞宗の研究センターにて仏教を学ぶ。同性婚の問題から、仏教と「性」について気になり、セクシュアリティについて勉強し始めた。生活に役立つ仏さまを模索している。趣味は「こんな時、お釈迦様ならなんて言う?」という大喜利。

FB:https://www.facebook.com/shokanhonda

twtter:@shokanhonda    http://s-labo.org/ ←ここで記事を書いてます。