Pocket

「変態年増のMixBox」そ10

基本はコレです、フィンガー・プレイ

みなさまお久しぶりです。ちょっとカラダを壊してややこしいことになっていた、川西由樹子です。覚えていてくださったでしょうか。お忘れの方は、「変態年増の、アレなヒト」として記憶の片隅にでも留めていただけましたら、幸甚の至りです。

さて、前回のお題はクンニリングス。そのなかに「女性同士の行為のメインは、舌でクリトリスを攻めながら、指でGスポット探索」的な一文がありましたこと、ご記憶でしょうか。同時に、「同性同士の行為にはオーラル・プレイが付き物(ヤラない方もいらっしゃるようですが)」といったことも書き記しました。

そうです。ヤラない方もなかにはいらっしゃる、ということは、イヤがうえにも女性同士の行為に欠かせないのは、指ワザ。ということになります。

そんなこんなで今回の本題は、女性特有の細くしなやかな(焼きタラコのように太く節くれ立って、な方もいらっしゃるでしょうけど)指による繊細な愛撫。なのでした。

なお、毎回毎回あれなのですが、今回も初出は『Hの革命』(太田出版・のちに徳間文庫)です。基本的にすべての原稿は加筆しておりますので、「あたしソレ、大昔に読んだわ……」なレアキャラのあなたも、いま一度お目通しいただけましたら、幸いです。

▽ ▽ ▽

女性同士の行為の場合、いざ恋人を絶頂に追いやろうとするときには、クリトリスの担当は舌、膣内の探索は指というパターンが多いようです。使用する指も、

「一本でおずおずと/二本をよじりあわせて/三本いっしょに/思いきって手首まで」

など、パートナーの好みとサイズによってフレキシブルに使い分けを。初めての相手にはいきなりコブシ突きつけたりせずに、まずは一、二本で様子を見ましょう。動きも、単純なピストン運動から「手全体は動かさずに膣内の指先だけを掻きまわす」や、「挿入した二〜四本の指で膣壁を圧迫するようにプッシュ」など、さまざまなバリエーションが存在しますし、もちろんGスポットの探索にも、指は大活躍してくれます(相手のスポットはシックスナインのように身体を反転させた体勢で挿入したほうが、角度的にも見つけやすい傾向があったりします。Gスポット未踏の方、ぜひお試しください)。

舌とタッグを組ませなくても、指だけでメインイベントを務めることも充分可能です。おすすめなワザは「人差し指と中指(&薬指)を挿入し、親指の腹でクリトリスを刺激」する方法。指は舌と違って唾液などの潤滑剤を自ら分泌できませんから、すぐそばでイヤというほど溢れ出ている悦びの泉を有効活用して、愛撫を継続してください。ついでに、小指の先でアナルをつついたり挿入したりといったオプションも加えて、パートナーからさらなる快楽を引きずり出します。

また、指主体プレイの長所は「口が自由なため、実況中継だの意地悪なセリフだのを言い放題」なところにもあります。

「あぁらあらあら、ほんのちょっといじくっただけでもうこんなに。『オンナのひとにヤラれたいなんて考えたこともございません』と言わんばかりの普段の顔は完璧に大ウソの、ただのスキモノってことみたいねえ。——ほうらごらんこの淫乱、これがその動かぬ証拠よっっ!!

と手首までズブ濡れな指を彼女のハナ先に突きつけ、羞恥で窒息寸前なパートナーにトドメを刺さんばかりの勢いで、崖っぷちまで追いつめてあげましょう。

 


川西由樹子 / 90年代から女性同士の性について赤裸々に表現しているビアン・ライターの草分け。ビアン雑誌「カーミラ」でも主要ライターとして活躍。著書に『Q式サバイバー』など。